iPad

「われわれは初めて、紙を使わないですむ時代を迎えようとしている」(ポール・サフォー)

Posted on 2010年5月3日. Filed under: iPad |


今日の朝日新聞 グローブ「第39号 電子ブックは紙を超えるか」がおもしろかった。

テーマを「電子新聞は紙を超えるか」とはせず、あえて自らに降りかかろうとしている予兆を避けているところが、気の毒にも感じましたが。

さて、日本国内で電子ブックの話題で盛り上がってくるのは、今月末発売される iPad の登場以降となるのでしょうが、すでに日本は米国・台湾・中国に包囲されているとのこと。

日本は新しい技術や市場に対応した商品の開発に乗り遅れてしまうのが当たり前になってしまったようです。

2010年、何が起きようとしているのか、未来学者ポール・サフォー氏の言葉が印象的でした。

「われわれは初めて、紙を使わないですむ時代を迎えようとしている。もちろん、最初は新しい器に古い酒を入れることになるだろう。ちょうど、グーテンベルクが印刷技術を発明したあとも、写本のような体裁が残ったように。しかし、重要なのは、こうしたオールドメディアの転写ではない。まったく新しいコンテンツを生み出すことにある。電子ブック市場は、最初は驚きとともに混乱を引き起こすだろう。誰でもが参入できる、けんかが始まる。出版人にとっても、知恵が試される。これまでとは違うゲームが始まるのだ」

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

博多高校校長の直感と実行する勇気に拍手

Posted on 2010年5月1日. Filed under: iPad |


iPad は成功するのか失敗するのか、まだわかりません。

でも「何かを起こせるかもしれない」と感じさせる潜在力を iPad が持っているのも事実。

博多高等学校が iPad を100台導入し、次世代型 e ラーニングを5月末から始めるとのこと。

新しい教育システムを実験する、また、学生を集めるという経営面からも博多高校校長の決断は評価していいと思います。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

ドコモの iPad 用 micro SIM 販売発表で6割方 iPad の成功は見えてきた

Posted on 2010年4月29日. Filed under: iPad |

モバイルインターネット網確保の点で、ドコモの iPad 用 micro SIM 販売発表は朗報です。

国内でつながらないところは、ほぼなくなるでしょう。

あとは料金設定。日本通信「b-mobileSIM」同様に、1年間 3G ネットワークを使い放題で29,800円にしてきたら合格。

ドコモが iPad に本気なのかどうか、これで見極めることができます。

あとは、ソフトバンクが驚きのプランを出してくるかどうか。

競争なくして成長なし。

5月下旬が楽しみです。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

今度は同人誌電子書籍化サービス「emes -えむえす-」が現れた

Posted on 2010年4月28日. Filed under: iPad |

ぼちぼち出始めています。電子書籍化サービスが。

今度は同人誌電子書籍化サービス「emes -えむえす-」が本格開始に向けたβテスターを募集しています。

iPhone 版同人誌サンプル「メイドのたまご1 / いちば仔牛」を配布していましたので iTunse Store からダウンロード。

フリックでのページめくりが、予想以上にスムーズなことに驚きました。これは、iPad での電子書籍閲覧は人々に受け入れられますね。

「emes -えむえす-」のような電子書籍化サービスがどんどん出てきてほしい。

そうなれば、出版すること自体のハードルは、かなり低くなります。

出版社は構造改革が迫られ、作家はより発表形態の自由度が増し、作家業界も新規参入で活性化していくことになるでしょう。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

電子書籍版「電子書籍の衝撃」を購入。次代の書籍購入スタイルを初体験

Posted on 2010年4月8日. Filed under: アプリケーション, iPad, iPhone |

ディスカヴァー・トゥエンティワンという会社を初めて知りました。

電子書籍販売サイトを運営している会社です。

そこで電子書籍版「電子書籍の衝撃」佐々木俊尚著を購入。

佐々木氏は3月22日「NHK 放送記念日特集 激震 マスメディア ~テレビ・新聞の未来~」に出演していた人。

番組の中で佐々木氏の話には説得力があり、テレビ局・新聞社経営者の状況認識の危うさを浮き彫りにしてしまいました。

このままでは、日本のテレビも新聞もダメだと。

購入した書籍の閲覧は「T-Timeビューア」で見るとのことで Mac 版をダウンロード。ユーザーインターフェースには戸惑いながらも何とか理解できました。

iPhone 用には iPhone アプリ「D21 Book Viewer」を使い、電子書籍をダウンロードすれば作品リストが本棚のようになるようです。

ひとまず日本でも「ディスカヴァー」と「アゴラブックス」が利用できることがわかったので、iPad でも試してみましょう。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

まずは、アゴラブックスが電子書籍に挑戦

Posted on 2010年4月6日. Filed under: iPad |

iPad が今月末に日本で発売されますが、残念なのが日本では iBooks が利用できないこと。

出版社が自らの将来をかけて、次代の書籍リーダーは iPad だとひらめかないといけないのですが、どうも動きが鈍い。

業界横並び体質が、ここでも出ています。

よそがやらないうちに、自分たちがロケットスタートすると、どこかがやらないと。

そんな中、池田信夫氏が株式会社アゴラブックスを立ち上げるとのこと。

実験で「使える経済書100冊」の最初の50ページが公開されています。

見開きで表示させるとページをめくるイメージが表現されていました。

もちろん iPad で利用できるので、購入してみたいと思います。片山さつき著「構造改革は終わらない(仮題)」でも。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

衝撃。USTREAM を iPhone で観ることができるのだ

Posted on 2010年4月3日. Filed under: iPad, iPhone, Uncategorized |


@yuno_n さんが、先ほどつぶやいたこれに衝撃を受けました。

USTREAM を iPhone で観ることができるのです。

現在 Live されているデジタルステージ「MOTION DIVE CAMP!」の動作も確認。

ただいま米国では、 iPad が続々購入者の手元で開封され始めました。

今年から iPhone・iPad・USTREAM・Twitter で大変なことが起きる。

間違いない。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

iPad のビデオガイドで一層待ち遠しくなった

Posted on 2010年3月31日. Filed under: アップル, iPad |


米国版アップル Web サイトで iPad のビデオガイドが昨日公開されました。

一通りご覧ください。 iPad が何なのか見えてくるはずです。

デスクトップ型コンピュータより手軽で便利だと、いま流行しているノートブック型コンピュータを古臭いものに感じさせてしまうであろう iPad 。

iPhone に次ぐ革命です。

日本で手にできるまで、あと1カ月。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

iPad を買ったら「CQW-MRB」も揃えないと

Posted on 2010年3月19日. Filed under: iPad, 周辺機器 |

ソフトバンクがイー・モバイル「Pocket WiFi(D25HW)」と同型の「Pocket WiFi SoftBank C01HW」今月下旬に出しますね。

この手の製品は本当に便利と思います。

2月27日に参加した「WordCamp Fukuoka 2010」でも、会場前列に座っていた青年が MacBook と D25HW でインターネットしていました。

会場内は iPhone のアンテナが立たず使用不能。しかし、イー・モバイルの電波は来ていたのでした。

今日知りましたが、D25HW は EM チャージで購入できるようになっています。発売時、そのコースはなかったのでは。EM チャージが使えるなら「ほしい」となりますが。

いずれにしても、私のは D23HW ですからPLANEX「CQW-MRB」で行くしかないですね。

iPad(Wi-Fiモデル)を手に入れたら「CQW-MRB」も揃えないといけません。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

来ましたね。日本通信、SIM パッケージ製品発売へ

Posted on 2010年3月17日. Filed under: iPad |


bモバイルでおなじみの日本通信が、iPad で使える SIM パッケージ製品「通信電池 b-mobileSIM(ビーモバイルシム)」シリーズを4月5日から発売するとアナウンスしています。

この製品、NTT ドコモ3G ネットワーク用の SIM なので、ソフトバンクにとっては手強い相手。

NTT ドコモ3G ネットワークなら、アンテナが立たないところは少ないでしょうから。

1年間パッケージで29,800円は価格破壊。

ソフトバンクの出方も注目されますが、iPad に勢いをつける「通信電池 b-mobileSIM」です。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ
  • Calendar

    2017年5月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • macevanのTwitter

    • 予想外のサービスをやっていた法務局。 houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/on… 19 minutes ago
    • ツイートありがとうございます。登記事項証明書等の請求は、オンライン手続きができるようになっていたのですね。RT @styledesign: 履歴事項全部証明書をオンラインで。これで行かずに済むらしい。 20 minutes ago
    • よし! 今日から3日間の夕飯の献立が決まった。 27 minutes ago
    • 中国との連携なしに日本の経済成長は見通せない。一帯一路、AIIB、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)への参加は当たり前のこと。その先にある東アジア共同体、東アジア総合安保機構を展望することが大切だろう。 jp.reuters.com/article/japan-… 45 minutes ago
    • これから大河ドラマ「おんな城主 直虎」と BS プレミアム「オクニョ 運命の女(ひと)」に行ってくるか。 17 hours ago

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...