「われわれは初めて、紙を使わないですむ時代を迎えようとしている」(ポール・サフォー)

Posted on 2010年5月3日. Filed under: iPad |


今日の朝日新聞 グローブ「第39号 電子ブックは紙を超えるか」がおもしろかった。

テーマを「電子新聞は紙を超えるか」とはせず、あえて自らに降りかかろうとしている予兆を避けているところが、気の毒にも感じましたが。

さて、日本国内で電子ブックの話題で盛り上がってくるのは、今月末発売される iPad の登場以降となるのでしょうが、すでに日本は米国・台湾・中国に包囲されているとのこと。

日本は新しい技術や市場に対応した商品の開発に乗り遅れてしまうのが当たり前になってしまったようです。

2010年、何が起きようとしているのか、未来学者ポール・サフォー氏の言葉が印象的でした。

「われわれは初めて、紙を使わないですむ時代を迎えようとしている。もちろん、最初は新しい器に古い酒を入れることになるだろう。ちょうど、グーテンベルクが印刷技術を発明したあとも、写本のような体裁が残ったように。しかし、重要なのは、こうしたオールドメディアの転写ではない。まったく新しいコンテンツを生み出すことにある。電子ブック市場は、最初は驚きとともに混乱を引き起こすだろう。誰でもが参入できる、けんかが始まる。出版人にとっても、知恵が試される。これまでとは違うゲームが始まるのだ」

広告

Make a Comment

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

  • Calendar

    2010年5月
    « 4月   12月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • macevanのTwitter

    エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。