もっと広まっていいはず。QuickTime Player 進化の度合い

Posted on 2009年12月23日. Filed under: iMac, Mac OS X |

Snow Leopard の QuickTime Player はすごいことになっていると思う。冷静に考えても。

もう普通のこととして、iSight を通して「ムービー収録」、内蔵マイクを利用して「オーディオ収録」、そしてデスクトップ上の動きを「画面収録」してしまいます。

New iMac の iSight の映像が非常に向上していることと、ノイズもほとんど気にならないほど内蔵マイクの出来に文句なし。

iPhone 3GS のように収録したムービーをフレームベースのサムネールを確認しながらトリミング。

それをさらに iTunes 、MobileMe 、YouTube へ共有(転送)してしまうシンプルさ。

この一連の操作が QuickTime Player だけで出来ることの驚き。参ってしまいます。

アップルもこのことを大きくアピールしないのが、どうも腑に落ちません。

広告

Make a Comment

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。