New Apple Keyboard について知らないことばかりだ

Posted on 2009年10月18日. Filed under: iMac |

apple_keyboad今日は Mac を始めたお客様のところで、Mac OS X 3回目のトレーニング。

今回は日本語入力システム「ことえり」にかかわる文字の入力をメインに進めてみました。

私は「ことえり」は使わず「ATOK」オンリーなので、今日のテーマは冷や汗もの。

ただ、新しい発見をすると感動です。

「ことえり」についてではなく「New Apple Keyboard」に関しての発見ですが。

「New Apple Keyboard」にはテンキーがありません。そして、初期設定では「F6」キー=ひらがな変換、「F7」キー=カタカナ変換の動作をしないのです。

トレーニングの現場で冷や汗がでたのはこの点。宿題にさせてもらいました。

帰って調べてみたところ、システム環境設定の「キーボードとマウス」を開き、「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れると、この問題は解決するのでした。

ちゃんと「F6」キー=ひらがな変換、「F7」キー=カタカナ変換になりました。

ついでにもう1件調査です。

「New Apple Keyboard」には delete キーはひとつだけ。テンキーが付いている私の古い Apple Keyboard には Windows キーボードで言う delete が付いています。

Windows ユーザーでもあるお客様にとっては、back space 機能しかない delete キーひとつだけでは不便の様子。

で、調べてみるとありました。

fn キーを押しながら delete キーを押すと(Windows キーボードで言うところの)delete になるのでした。

「ほーっ」と感心してしまった。

広告

Make a Comment

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。